第46回日本生物物理学会年会において
シンポジウムを開催します。

超分子ナノマシン細菌べん毛の機能に迫る
-Structure and functional mechanism
of the bacterial flagellar motor-


オーガナイザー:今田勝巳 (大阪大学生命機能)、本間道夫 (名古屋大学理)

開催日 2008年12月4日(水)9:00〜11:30
会場 福岡国際会議場(福岡市博多区)C会場
URL http://www.aeplan.co.jp/bsj46/
2SC 「超分子ナノマシン細菌べん毛の機能に迫る」
Structure and functional mechanism of the bacterial flagellar motor

オーガナイザー:今田勝巳 (大阪大学生命機能)、本間道夫 (名古屋大学理)
Organizers: Katsumi Imada(Osaka Univ.), Michio Homma (Nagoya Univ.)

細菌べん毛は、約30種類のタンパク質がそれぞれ数個から数万個集合してできた超分子機械であり、生物で最初に見つかった回転機構である。その複雑さゆえ作動機構の解明は困難を極めていたが、最近になって、モーターの回転ステップが計測され、モーター固定子蛋白質の構造も明らかになりつつあるなど、ナノ機能計測手法の発展と構造解析技術の進展によりべん毛モーターの研究は新しい局面を迎えている。このシンポジウムでは、構造から一分子計測まで、様々なアプローチによるべん毛モーター研究の最近の進展を紹介し、回転分子モーターの作動機構について議論する。
9:00
2S3-1
「結晶構造が明らかにするべん毛モーターの機能」
今田勝巳(大阪大学 大学院生命機能研究科)
Molecular mechanism of the bacterial flagellar motor revealed by the crystal structures
Katsumi Imada (Dept. Frontier Biosciences, Osaka Univ.)

 

9:25
2S3-2
「無細胞タンパク質合成系を用いたべん毛膜タンパク質の機能解析」 小嶋誠司(名古屋大学 大学院理学研究科)
Functional analysis of the flagellar membrane proteins by using cell-free protein synthesis systems
Seiji Kojima (Division of Biological Science, Graduate School of Science, Nagoya Univ.)

9:50
2S3-3
「ナノ計測、イメージング技術による、回転モーターの1分子計測」
石島秋彦(東北大学 多元物質科学研究所)
Single molecule measurement using nano-measurements and imaging technique
Akihiko Ishijima (Institute of Multidisciplinary, Research for Advanced Materials, Tohoku Univ.)
10:15
2S3-4
「高圧力によるべん毛モーターの回転運動変調」
西山雅祥(京都大学 大学院理学研究科)
Modulation of the flagellar motor rotation by high-pressure microscopy
Masayoshi Nishiyama (1, 2). (1: Dept Chem, Graduate School of Science, Kyoto Univ; 2: PRESTO, JST)
10:40
2S3-5
「電子顕微鏡でモーター分子を見る」
米倉功治(理研播磨)
Cryo-electron microscopy of the bacterial flagellar motor
Koji Yonekura (Biostructural Mechanism Laboratory, RIKEN SPring-8 Center)
11:05
2S3-6
“Torque, Speed and Steps of the Bacterial Flagellar Motor”
Chien-Jung Lo (Oxford Univ.)