HOME 研究内容 研究組織 研究成果 会議・セミナー 情報 リンク  
     
 
 平成21・22年度特定領域公募班
 
     
  ■A01班 膜超分子モーターの分子機構の解明  
 
石谷 隆一郎
いしたに りゅういちろう
石谷 隆一郎 東京工業大学 生命理工学研究科 助教
・東京工業大学
・医科学研究所
・准教授
分子モーターSecAATPaseによるタンパク質膜透過機構の構造機能相関
金属イオンと新生ペプチドの輸送メカニズムを解明します.
寿野 良二
すの りょうじ
寿野良二 東京工業大学 資源科学研究所 特別研究員
・東京工業大学
・資源科学研究所
・特別研究員
膜結合型AAA+プロテアーゼの品質管理機構に関する研究
膜から基質膜蛋白質を引きずり出して分解するという膜結合型AAA+プロテアーゼの分子メカニズムを解明したいと思っています。宜しく御願いいたします。
横山 謙
よこやま けん
横山 謙 東京工業大学 資源化学研究所 特別研究員
・東京工業大学
・資源科学研究所
・特別研究員
回転触媒機構によるATP合成反応の解析
地道に成果を出すようがんばります。
寺内 一姫
てらうち かずき
寺内 一姫 名古屋大学 理学研究科 研究員
・立命館大学
・生命科学部
・准教授
時計タンパク質ナノタイマーの分子機構解明
ATPの加水分解で時計が動く仕組みの解明をめざします。地道にそして楽しい研究ができるよう頑張ります。
 
 
古谷 祐詞
ふるたに ゆうじ
古谷 祐詞 名古屋工業大学 工学研究科(研究院) 助教
・分子科学研究所
・生命・錯体分子科学研究領域
・准教授
光駆動イオン輸送蛋白質の動作機構の解明

赤外分光計測で膜タンパク質とイオン間の相互作用を解析し、イオンポンプの分子機構に迫ります。

森 博幸
もり ひろゆき
森 博幸 京都大学 ウイルス研究所 助教
・京都大学
・ウィルス研究所
・准教授
SecAに依存したタンパク質膜透過反応機構の解明
派手さはなくても説得力のある手固い研究が好きです。
(出来ているかどうかは別問題ですが・・・。)
西山 雅祥
にしやま まさよし
西山雅祥 京都大学 理学研究科 助教
・京都大学
・理学研究科
・助教
ロータリー型分子モーターのトルク発生コントロールと運動計測
高圧力顕微鏡の開発を通じて、新しい実験系をつくれるようにがんばります。
宮田 真人
みやた まこと
宮田真人 大阪市立大学 大学院理学研究科 教授
・大阪市立大学
・大学院理学研究科
・教授
マイコプラズマ滑走の足の動きを検出
マイコプラズマは、ガラスなどの表面にはりついて高速に動き回るバクテリアです。柔らかい“あし”が、シアル酸をつかんだり引っぱったりして進むと考えています。
 
 
竹内 正之
たけうち まさゆき
竹内 正之 九州大学 工学研究科(研究院) 助教
・独立行政法人 物質・材料研究機構
・ナノ有機センター
・高分子グループグループリーダー
人工超分子モーターのナノサイエンス
超分子が動くところを是非自分で見たい。
       
           
  ■A02班 膜超分子モーターを解析する1分子ナノバイオ技術の創出  
 
梶 弘和
かじ ひろかず
梶 弘和 東北大学 工学研究科 助教梶 弘和 東北大学 工学研究科 助教
・東北大学
・工学研究科
・助教
微小空間内溶液のマルチイオン環境動的制御システム
失敗を恐れずに、色々な事に貪欲に挑戦したいと思います。
井上 裕一
いのうえ ゆういち
井上裕一 東北大学 多元物質科学研究所 助教
・東北大学
・多元物質科学研究所
・助教
生体モーター運動活性の局所的熱変調
回転モーターやリニアモーターの温度依存性を研究します。文字通り、研究を熱く活性化できればと思っています。よろしくお願いします。
内橋 貴之
うちはし たかゆき
内橋 貴之 金沢大学 自然科学研究科 準教授
・金沢大学
・自然科学研究科
・准教授
高速AFMを用いたATP合成酵素のダイナミクスと機械特性に関する研究
膜タンパク質の動的可視化という高速AFMの新しい可能性にチャレンジしていきたいと思っています。
上村 慎治
かみむら しんじ
上村慎治 中央大学 理工学部生命科学科 教授
・中央大学
・理工学部生命科学科
・教授
超高分解能光学顕微鏡の開発と応用
分解能を向上させるという古く、かつ、多くの研究者が試みては
失敗も多かった課題ですが、STEDやTIRFなど、近年の光学技術の成果をヒントにしつつ、その進歩の力を借用して、100nm前後の生体試料微細構造を、実質的にどこまで検出できるか、画像化できるかを確かめるのが、本課題の使命です。
 
 
森垣 憲一
もりがき けんいち
産総研 主任研究員
・神戸大学
・自然科学系先端融合研究環遺伝子実験センター
・准教授
固体基板表面におけるモデル生体膜作製技術の開発
革新的なモデル生体膜を作り、膜タンパク質のナノサイエンスに貢献したいと思います。
       
           
  ■A03班 構造解析と分子シミュレーション
 
 
李 振風
りー ちゅんびゅう
李振風 北海道大学 電子研 准教授
・北海道大学
・電子科学研究所
・准教授
Innovative Multiscale Modeling of Biological Systems from Single Molecule Time Series.
"Let the biological systems speak for itself!"
大庭 裕範
おおば やすのり
大庭裕範 東北大学 多元研 准教授
・東北大学
・多元物質科学研究所
・准教授
2次元二量子コヒーレンスEPR法のタンパク構造解析への応用
凍結状態のタンパク構造の研究だけでなく、ダイナミクスについても応用のできるパルスEPR法の新しい側面が開ければと思っています。
城地 保昌
じょうち やすまさ
城地 保昌 東京大学 分子細胞生物学研究所 助教

・理化学研究所
・X線自由電子レーザー計画推進本部、利用グループ
・研究員

X線散漫散乱による生体分子の動的構造決定に向けた理論基盤の構築
計算機シミュレーションを援用して、X線散漫散乱データから蛋白質の揺らぎ情報を抽出する手法を開発します。
班員の皆さんが測定されたX線結晶回折データの解析に役立つと幸いです。
原田 崇広
はらだ たかひろ
原田崇広 東京大学 大学院理学系研究科 物質理学専攻 講師
・東京大学
・大学院理学系研究科
・物理学専攻
・講師
隠れた自由度を持つタンパク質一分子のパラメータ推定法
「データをしゃぶりつくす」ための方法を研究中です.最新の技術
も是非勉強させていただきたく思っております.
 
 
前島 正義
まえしま まさよし
前島 正義 名古屋大学 生命農学研究科 教授
・名古屋大学
・生命農学研究科
・教授
液胞膜プロトンポンプと亜鉛輸送体の分子構造と作動・共役機構の解明
「分子を見る,分子から細胞を見る」に加えて「分子を使う」領域を広げたい。
井原 邦夫
いはら くにお
井原邦夫 名古屋大学 遺伝子実験施設 助教
・名古屋大学
・遺伝子実験施設
・助教
光エネルギーで作動するナノイオンポンプの構造・機能解析
とにかく楽しみたいです。何がでるかな?
高野 光則
たかの みつのり
高野 光則 早稲田大学 理工学術院 準教授
・早稲田大学
・理工学術院
・准教授
超分子モーターFoF1の1分子計算機実験
理論と実験にはそれぞれの持ち味があるが,計算機実験にはその両方を期待したい。分子モーターの動作機構を考えるときには,分子の柔らかさのことがいつも気になっている。
   
           

 

戻る

お問い合わせ先